チーズタッカルビ初心者にありがちな勘違い3選

スポンサードリンク
日々の考察

最近流行りの「チーズタッカルビ」

流行に疎い僕でも存在は知っていたので、おそらくほとんどの方がその名前くらいはご存じなのではないでしょうか。

今日はそんなチーズタッカルビのことを、名前くらいしか分かっていない「チーズタッカルビ初心者」の皆さんがおそらく勘違いしていることを、3つ紹介したいと思います。

ちなみに僕マッツォ(@mto819_blog)はこの記事を書いている当日(2017年11月26日)に実際にチーズタッカルビを食したため、現在は「チーズタッカルビ玄人/チーズタッカルビ宣教師」として活動しています。

 

ではさっそく紹介していきます。


スポンサードリンク

チーズ「ダ」ッカルビではなかった!

これはチーズタッカルビ初心者にはありがちな勘違いですね。

彗星の如く現れたインパクト抜群の食べ物が故に、ついつい濁音を多くつけてしまいがちになってしまいます。

しかし冷静になってあの怪物と向き合ってみましょう。

 

意外と「タッカルビ」ってかわいい名前してますよ。

 

 

チーズと牛カルビを一緒に食べるものではなかった!

これもチーズタッカルビ初心者に非常に多い勘違いですね。

この勘違いが原因による電車の人身事故が、東京を中心に後を絶ちません。

ずばり、チーズタッカルビはチーズと鶏肉を一緒に食べるものです。

 

詳しく説明していきます。

まずチーズはもちろんチーズの意味です。

続いてタッカルビ、そもそもこいつは何なのか。

実は「タッ」と「カルビ」に分けられます。

まあカルビは何となくイメージがわくと思います。

カルビとは、「あばら周りの肉」という意味です。

つまりは、カルビと聞いただけで牛肉だと判断するには、まだ早いということです。

そして肝心の「タッ」とは、まさかの鶏という意味です。

 

ということで、チーズタッカルビとは、日本語で「チーズと鶏のあばら肉」という意味です。

そのため、チーズタッカルビを初めて食べに行く前には、小さな声でも構わないので、「チーズタッカルビ イズ ノット ビーフ」と唱えてから臨むことにしましょう。

チーズタッカルビは焼肉屋に食べに行くものとは限らない

これも非常に社会的に問題となっている勘違いです。

すでに経験を積んだ一人前のタッカルビストが、チーズタッカルビ初心者を初めて店に連れて行った場合に、チーズタッカルビ初心者が勝手に焼肉屋に行くと勘違いしていて、暴行事件に発展してしまう事例が、現在社会問題となっています。

このような事件により、将来有望なタッカルビストが、その短い現役時代に幕を閉じてしまうのが残念でなりません。

 

だからこそチーズタッカルビ初心者にこれだけは伝えておきたいです。

チーズタッカルビを食べに行くからといって、必ず焼肉屋に行くとは限りません。

 

韓国の家庭料理がメインのお店で、カセットコンロを用意して食べる場合もあれば、肉料理がメインのおしゃれなバルで食べる場合もあります。

そのため「チーズタッカルビ=焼肉いっぱい食べまくるぞー!」というくだらない幻想を抱くことはやめましょう。


まとめ

以上が僕が伝えたかった、チーズタッカルビ初心者にありがちな3つの勘違いでした。

この記事が一人でも多くのチーズタッカルビ初心者に届き、少しでもチーズタッカルビにやさしい世界になってくれれば、それ以上の幸せはありません。

 

では最後にチーズタッカルビ初心者にありがちな勘違いをまとめてお別れとしましょう。

  1. チーズ「ダッ」カルビではなく、チーズ「タッ」カルビ。彼らを過度に恐れてはいけない。
  2. 鶏肉料理にも関わらず、名前に「カルビ」がついているからと言って、勝手に牛カルビを想像するのは、牛肉にも鶏肉にも、そして何よりチーズタッカルビに失礼なことだ。
  3. 「チーズタッカルビを食べる=焼肉屋に行く」という偏見は、「名字が出川=ザリガニに鼻を挟ませてもいい」という考えと同じくらい罪深い。

 

みなさんも一流のチーズタッカルビスト目指して、僕と一緒に切磋琢磨していきましょう!

ではまたー

コメント