Amazonでは買えないオシャレがそこにある! 横浜 赤レンガ倉庫で買ったもの。

スポンサードリンク
商品レビュー

これ自分で撮ったいい感じの写真です。 この日はほんといい天気でした。

今回は横浜 赤レンガ倉庫で購入したものを紹介します。

横浜 赤レンガ倉庫とは

オシャレタウン横浜の中でも、象徴的なスポットの1つではないでしょうか。

文字通り赤レンガで建てられた歴史的建造物です。

だいたい周りの駅から徒歩15分程度で、バスなんかも使えます。今の時期は歩くと暑いので、駅からバスで向かうのがオススメです。

www.yokohama-akarenga.jp

 

まあ赤レンガ倉庫の紹介はこの辺にしておきましょう。

 

 

スポンサードリンク

今回購入した2点をご紹介

 

まず一点目は、スリッパです。

僕は2017年現在、社員寮に住んでいるため、寮内では、自室以外スリッパを履いています。

今まで使用していたスリッパは100均のもので、内側がタオル地になっていて履き心地は悪くなかったのですが、裏面が溝一つないつるつるタイプだったので、濡れている場所を歩くと命の危険すら感じました。摩擦ゼロ状態で滑るんです。笑

これはいつか後頭部を打って死んでしまうぞということで、以前から新しいスリッパを探していました。

 

そしてついに見つけた、運命のスリッパがこれです!

f:id:mto819:20170806223108j:plain

そう、「金魚スリッパ」です。笑

もう一目惚れでしたね。

 

見てください、この純粋無垢な瞳を!

履いて歩いていると、目がキョロキョロ動いて愛らしさMAXです。

f:id:mto819:20170806223116j:plain

さらに、つま先部分がアミアミになっているので、これからの時期蒸れにくくなっています。

 

続いて尾びれも非常にクオリティの高い仕上がりとなっています。

この部分が以外にもかかとにフィットするわけです。

尾びれ効果のおかげで、寮内の移動スピードも低く見積もって15%は上がりましたね。

f:id:mto819:20170806223121j:plain

 

最後にもう一つだけ紹介させてください。

こういったおしゃれ雑貨には、見えない部分や、機能面で手を抜いている物が数多く存在します。

しかしこのスリッパは、最後の最後まで金魚スリッパを貫き通しています。

見てください、この足裏のデザイン!

「お前さん、、ちょっと金魚過ぎやしねえかい、、、」思わずため息すら漏れてしまうような、徹底された美しい金魚フォルム。

f:id:mto819:20170806223130j:plain

もちろんこの美しい金魚刻印のおかげで、グリップ力は水回りであろうと申し分ありません。

まるで金魚鉢を優雅に泳ぐ金魚のように、濡れた床をゆらゆらとステップを踏みながら移動することができます。

 

不満点の一切ない、完成された金魚スリッパに私は出会うことができました。

値段は確か5、600円くらいでしたね。(そこの記憶は曖昧)

 

 

気になる2点目は?

続いて2点目は、お弁当をビジネスバッグに入れるための、小さなバッグです。

これに関しては、あれこれ言うつもりはありません。見てもらうのが一番早い。

f:id:mto819:20170806223140j:plain

こんなん買うしかないでしょう?笑

先ほどの金魚スリッパに続いて、こちらのバッグも一目惚れでした。

今までは、ビニール袋に入ったお弁当を食堂に持って行っていたのですが、これからは食堂まで運ぶのすら楽しみでたまりません。

なんならワンちゃん散歩させてるくらいのテンションで食堂まで向かえます。

 

そしてフレンチブルドッグに目を奪われてしまい、見落としがちですが、この「busy?」という一言。

我々ビジネスマンが「忙しい」ことを理由に、様々なことから目を背けていることを思い起こさせるような、非常に哲学的な刺さる一言で、しびれました。

f:id:mto819:20170806223145j:plain

それにしても可愛すぎる、、、

「OL」が持ってそうとか言われましたが、こんな可愛いバッグをOL以外は持っちゃいけないなんて、そうはさせません。

もうすぐ23歳のサラリーマンだって持つ資格はあるんだ!

 

値段は1枚目の値札に記載されている通りです。(編集画面では小さくて見えなかったので、お手数ですが、皆さん頑張ってズームアップしてください。笑)

 

 

面白いものがたくさん見つかる赤レンガ倉庫

他にも色々購入した物はありますが、今回は特にブログ映えする2点を紹介しました。

やっぱりこういう雑貨は、ネットで買うより実際に手にとって見てみるのが一番楽しいですよ。

それに、ネット通販は効率が良すぎて、自分が求めている物以外が視界に入らないようになってきている気がします。

でも意外と急に目の前に現れた、今まで自分が全く興味なかったものが、実は生活を一変させてしまうほど魅力的な商品だったりもすると思います。

「あなたにもそういった経験を、横浜 赤レンガ倉庫でしてもらいたい。」

なんかいい感じで締まった気がするので、今回はこのへんで。笑

問い合わせ先
お問い合わせはこちら
マッツォをフォローする
商品レビュー
マッツォをフォローする
スポンサードリンク
映像クリエイター 松尾 由佑佐

コメント