アドセンス非承認になって気づいた、本来のブログの使い方

スポンサードリンク
日々の考察
スポンサードリンク

タイトルはこんな感じですが、この記事はりく@ギブギブ企画実行中さん(@kuuunetからいただいた「自己紹介記事」というお題を、一応は基にして書いています。

りくさん、望んでいたものと全く違う記事になっていたら、申し訳ない。

僕は人に何かを指示されたら、絶対にどこかを歪ませて実行してしまう曲者なんです。笑

 

スポンサードリンク

Googoleアドセンス、非承認になりました。

簡単に言うと、僕はこの先、一生アドセンスを利用して収益を稼ぐことができない可能性が濃厚ってことです。笑

ブロガーとしては、なかなかの致命傷であることは、言うまでもありませんね。

一応はアドセンス非承認になった理由を調査し、異議申し立てを行いました。

アドセンス非承認は、皆さんが思っている以上に、身近に潜んでいる超ド級の爆弾です。

自分だけでなく、URLを伝えている友人や家族、ブログ訪問者全員に注意を払っておかなければ、ある日突然手足が吹っ飛ぶことになりますよ。

アドセンスのルールを十分に理解し、毎日アクセス解析ツールで、ブログに関わる全ての人間のうち、1人でもルールを破っている人がいないか、厳しく監視することをオススメします。

大体こういう記事を上げている人は、その後2,3本の記事を投稿した後、綺麗に姿を消していて、思わず笑ってしまいました。

 

そして僕が言いたいのは、アドセンスの話ではなく、これからどうするかという話です。

 

アドセンスの可能性を狂信的に期待していた

僕は、アドセンスを始めたことが、ある種自分の本来やりたいことを狂わせていたように感じます。

広告収入というものに対して、曖昧なイメージのまま利用していました。

確かにアドセンスは、ブログに広告を貼っておいて、それをクリックしてもらうだけで報酬をもらえるという、手軽でしかも、収益がもらえるハードルまで低いという画期的なものでした。

 

しかしだからと言って、この報酬だけで生活している一流ブロガーなんて、ほとんどいないのが現状です。

要はアドセンスを今のペースのまま続けていても、せいぜいお小遣い稼ぎ程度にしかなりません。

そのわずかなお金のためにブログを書いてしまっていた自分が、心のどこかにいました。

 

わずかな収益の為に書き続けるブログが、この先昇華することはあるのでしょうか?

 

僕は知らない間に、目先の小さなゴールをちょこまかと追い続けるだけのブログを書いてしまっていました。

そのブログの為に、釣りに行く回数も減ってしまい、みんなで楽しくゲームすることもめっきり減ってしまいました。

色々なことを犠牲にしてまで書くほどのブログだったとは、お世辞にも思えません。

知らない間に、アドセンスの可能性を、狂信的なまでに期待してしまっていたのです。

 

1つのことだけに熱中することのない人生だった

僕のトップページ下のプロフィール欄を見てもらえば分かるように、釣り具屋店員やら、格闘技歴16年やら、映画監督やら色々やってきました。

これは堀江貴文さんが最近出版された『多動力』という本のタイトル通り、僕に多動力という力があったからこその経歴だと思います。

※『多動力』の「書評」評ブログはこちら

例えば、釣り具屋の店員として働いていた時も、がっつり釣りだけにハマっていたわけではないです。

店員をしながらも、毎週1回のボクシングにものめり込んでいたし、それと同時に映画も撮影していました。

「遊びのマルチタスク」に関しては、僕は得意中の得意です。

 

ではどうやって僕が、多くの趣味を同時進行で熱中して、のめり込むことができていたかということを、解説したいと思います。

まず1番大事なこと、それは趣味を「点」として捉え、その点同士をつなげる「線」を意識するのです。

 

例えば、今釣りにハマっているとしましょう。

そして釣りに熱中して続けている中で、釣りに関連度の高い他の趣味をチェックしてみます。

釣った魚をさばいて調理している中で、あえて「調理」の方に意識を向けてみるということです。

「こうやってさばけば、骨に身を残さずにさばくことができる」、「魚や肉は獲ってすぐではなく、熟成させることでもっと旨味を引き出すことができる」、「刺し身を引く時に、なるべく細胞を壊さないように、料理人は研ぎ澄まされた日本刀のような包丁を使用する」

こういった具合で、「魚をさばく」、「肉や魚の熟成」、「包丁」といったことについても、釣りと関連しているので、新たに趣味を見つけて熱中するよりも相当低いハードルで、新たな趣味を見つけて、のめり込むことができます。

これが1回でもできるようになれば、後は芋づる式でどんどん自分がハマりやすい趣味が見つかるはずです。

しかもこれらの趣味は、それぞれの関連度が高く、共通している部分が多いため、1つを極めることが、他の趣味に対してもいい影響を与えることになります。

 

そのため、僕が最初に挙げた釣り・格闘技・映画に関しても、実はその間には無数の趣味があり、それらにのめり込んでいくにつれ、自然と線で繋がった3つの趣味なんです。

僕の中では、これら3つの趣味も、それ以外の趣味も、そのほとんどがどこかに共通項を持っていて、それらが互いにいい影響を与え合っています。

 

これこそが僕の「多動力」のメカニズムだと思います。

そのため、興味のないことや嫌な仕事については、この自分独自の趣味の線で繋げられないため、恐ろしく集中することができません。笑

 

恐らくブログだけでの生活は耐えられない

では話を戻しましょう。

僕はアドセンス非承認になってしまいました。

これはもうどうしようもない。

ですがもし、万が一の話ではありますが、アドセンス報酬が莫大な金額入ってきたとしても、僕はそれだけを仕事にして、ただブログを書き続けるという生活を送ることには耐えられないでしょう。

他に沢山してみたい仕事が出てくるはずです。

そして、僕のブログはこのまま100記事、200記事と書いていくだけでは、読者は増えるかもしれませんが、その先どうするかということを、全く考えていませんでした。

僕のブログの目的は、「僅かな収益を頂戴する」、「PV数を増やす」というところで止まっていました。

このままではいけないという感情が、ここのところ日に日に大きく膨れ上がっています。

そこで出した僕の考えは「ブログで高めた発信力・ブランド力を利用して、これまで1人ではできなかった規模の大きい遊びをする」ということです。

 

もう収益をあてにするような、小さな規模でのブログ遊びは終わりにします。3ヶ月も熱中できたのなら大満足です。

自分がどんな人間かを知ってもらい、自分の面白さをここで試すためにブログを続けます。

 

現代は評価経済の時代に入りつつあります。

僕のやろうとしていることが、本当に面白いことなのであれば、そこにお金と人が集まるはずです。

そして集まったお金と人の力を使って、自分のやりたい趣味・遊びを存分にやってみることが僕の大枠の夢です。

 

今までにない「WEB雑誌」を制作します

そして僕が現在、狙っている最も射程圏内に近い夢は、「今までにない、全く新しい雑誌を出版すること」です。

本屋に並んでいる雑誌とも、本の雑誌をそのままPDF化した電子書籍とも、ポータルサイトのような体裁のWEBマガジンやメルマガとも違う、おそらく唯一無二の存在となることができる「WEB雑誌」です。

 

細かいことをお話することはできませんが、高校からの仲であるIT新卒3人で制作に取り組んでおり、現在技術的な部分で壁にぶつかっています。

しかし乗り越えられない壁だとは決して思えません。

そして底を乗り越えてしまえば、実現はすぐ手の届くところまで近づいています。

 

この記事を読んでいるみなさんは、自分で言うのも何ですが、とても幸運な方々だと思います。

これだけ規模の小さなブログであるにも関わらず、これからの雑誌コンテンツに、革命を起こすかもしれない人間の記事を読めているのですから。

ちょっと調子に乗りすぎましたね、すみません。笑

 

これからは自分の力を高めるためにブログを使います

ということで今後は、ブログを「趣味の延長でお小遣いも稼げる場所」として利用するのではなく、「自分だけではできない大きな遊びをやりたい時に、お金や人がササッと集まってくれるような力を身につける場所」としてブログを利用していきたいと思います。

これから実際にやりそうなところで言うと、雑誌の記事作りの為に、今の自分たちの資金力やブランド力だけでは、できないような大きなコンテンツを作ってみたくなった場合に、取材費や機材費、普通では入れない場所に突撃するために、必要なものがササッと集められるようになりたいですね。

そのためにクラウドファンディングや、イベントの募集をかけて、人やお金をすぐに集める力をブログで身に付けたいと思っています。

 

ということで、りくさんごめんなさい。

書き終わって再確認してみましたが、全く自己紹介記事じゃないですね、コレ。笑

今度、プロフィールページ自体をしっかりと作ってみます。

 

ではこれからは、「web雑誌編集長」としてのマッツォを応援よろしくお願いいたします。

ではまたー

コメント