君は何のために「入門用の一眼レフ」を買ったんだ?

スポンサードリンク
写真・映像について
スポンサードリンク

どうも、写真よりもカメラが好きなマッツォです。

今日は巷に溢れる「入門用の一眼レフ」を首からぶら下げている方に知っておいてほしいことがあります。

そしてこれから「入門用の一眼レフ」を購入してカメラマンデビューしようとしている方に、今一度考え直して欲しいことがあって記事を書いています。

 

街を歩けばたくさんのカメラマンが。

最近街を歩いていても、首から一眼レフぶらさげてる方が、どんどん増えてきているように感じますね。こんなにスマホのカメラの性能が上がったと言うのに。

ぱっと見じゃ分かりませんが、その首からさげている一眼レフをよく見てみると、CANONのkissシリーズをはじめとした各社の入門機がほとんどのように感じられます。

そしてレンズは、もちろん本体を購入した時に、キットでついてくる標準ズームです。

今だったら少し前の入門機であれば安く買うことができます。それに加えて標準ズームレンズも、あらゆる状況で安定した写真を撮ることができるので素晴らしいですよね。

技術の進歩に伴って、一眼レフカメラはどんどん身近な存在となってきました。

しかし、そんな「入門機に標準ズーム」をぶら下げている方に、これだけは意識していただきたい。

「何のためにわざわざ入門用の一眼レフを買っているのか」ということを。

この問いに対して、自分なりの答えを持っていないのであれば、ひょっとするとあなたには「もっとふさわしいカメラ」が存在するのかもしれません。

 

なぜ一眼レフがそんなに大きいのか

一眼レフってゴツくて、プロっぽくてカッコいいですよね。

ですが今やスマホでも綺麗な写真が撮れるというのに、なぜ一眼レフがあそこまで大きなサイズなのか知っていますか?

その理由はただ1つ、「レフレックスミラー」が付いているからです。

この「レフレックスミラー」1つのために、カバンの中をパンパンにさせて、長時間首からさげて肩こりを起こしてまで、一眼レフカメラを使用しているんです。

レフレックスミラーを簡単に説明すると、「レンズから入ってきた光を反射させて、ファインダーに映すためのミラー」ということになります。

要はカメラの中で光を反射させるためには、カメラ本体に「光の通り道」が必要となり、それによりボディサイズが大きくなっているのです。

ひょっとしたら、「中にすんごい装置がぎっしり詰まっているから、一眼レフカメラはゴツいんだ」と思っていた方も結構いるのではないでしょうか?

確かにそれも間違いではないですが、それだけではあそこまで大きくならないんです。

これで一眼レフが大きいのは「レンズから入った光をファインダーから覗けるようにするため」ということはご理解いただけたと思います。

 

そうなるとやっぱり、カメラで写真を撮るからには、ファインダーを覗いてカシャっと撮りたいですよね。

「それならレフレックスミラーは必要だし、やっぱり大きい一眼レフを買わないと」ってなりますよね?

でもそれは違うんですよ。

 

スポンサードリンク

電子ファインダーじゃダメなんですか?

確かに一眼レフカメラは、レフレックスミラーのおかげで、ファインダーを覗いて写真を撮ることができます。

しかし、ここまで僕が書いてきたファインダーというのは「光学ファインダー」のことです。

光学ファインダーは、文字通りレンズから入ってきた「光」を使うファインダーです。

しかし、ファインダーにはもう1つあり、それが掲題の「電子ファインダー」というものです。

こちらの電子ファインダーはレンズから入った「映像」をカメラ内で処理し、それをファインダーに映す仕組みです。

ただ「ファインダーを覗いて写真を撮りたい」だけなら、電子ファインダーでも全く問題ありません。

それどころか、僕は電子ファインダーの方が便利で好きなくらいです。

 

「光学式」と「電子式」の違い

ではここからは、簡単に光学ファインダーと電子ファインダーが、実際に使う上でどう違うのかをお話ししていきます。

一言で言うならば、ファインダーから「そのまま覗きたい」か「加工されたものを覗きたい」のかという違いがあります。

光学ファインダーでは、レンズから入った「光」、つまりは双眼鏡を覗いたような感覚です。画質なんていう概念すら存在しない、肉眼で見たそのままの景色が映ります。

対する電子ファインダーは、レンズから入った「映像」を処理して、ファインダーの中の小さな液晶に映しています。

覗いた時の画質という点においては、間違いなく光学ファインダーに勝るものはないでしょう。しかし電子ファインダーにも、光学式には決して真似できない強みがあります。

それは「カメラ内の処理をファインダーに反映させられる」ことにあります。

ISO感度を上げたり、ホワイトバランスを調整したりといった調整から、モノクロ撮影やグリッド、水準器までをもファインダー内に表示させることができます。

要は電子式は「実際に撮影する写真に近い映像を映し、更に各種情報や撮影をサポートする機能」を備えたファインダーだということです。

これは絶対に光学ファインダーには真似できません。初心者の方にも、これから撮る写真をイメージし易くなるため、非常に便利ではないでしょうか?

「どうしてもレンズから入る光をそのまま確認したい」というような要望がある、真のプロフェッショナルでもなければ、僕なら電子ファインダーをオススメします。

 

でかいカメラ=すごいという既成概念に縛られてはいけない

ということで今回は一眼レフカメラの大きさについて記事にしてみました。

ここで注意していただきたいのは、決して僕は「一眼レフカメラをディスる」ためにこの記事を書いたわけではないということです。

もちろん一眼レフの大きさのメリットはレフレックスミラーだけではありません。

ボディが大きく持ちやすいため、ホールドしやすく、ボタンやダイヤルを配置するにも余裕をもった、快適な操作を可能にしています。

また、フリーランスでカメラマンをやっている仲間曰く、一眼レフカメラの「威圧感」も仕事における重要な要素になるそうです。

確かにミラーレス 一眼のコンパクトさが、かえってデメリットとなる場面もありそうです。

今一度様々なカメラの要素を自分なりに解釈し、それぞれのメリット・デメリットを洗い出した上で、「自分に最適なカメラ」について考え直してみるのも面白いのではないでしょうか?

ひょっとしたら、今一眼レフカメラを首からぶら下げているあなたに最適なカメラは、超小型のウェアラブルカメラなんてこともあるかもしれませんね。

「大きい=すごいカメラ」という既成概念に縛られずに、是非色々なカメラを実際に手に取って、自分が撮りたいものを想像してみてください。

きっとあなたの世界は広がります。

それでは、アディオス。

操作なし

マウス ジェスチャ

戻る

進む

現在のタブを最新の情報に更新

現在のタブを閉じる

前のタブに切り替え

次のタブに切り替え

現在のタブを除くすべてのタブを閉じる

現在のタブを閉じる

新しいタブを開く

すべてのタブを閉じる

現在のタブを最新の情報に更新

読み込みを中止

最下部までスクロール

最上部までスクロール

閉じたタブを再度開く

ホーム ページに移動

スポンサードリンク
問い合わせ先
お問い合わせはこちら
松尾 由佑佐
松尾 由佑佐(まつお ゆうすけ) 1994年〜 大阪生まれ大阪育ち。 新卒で入った富士通グループを1年半で退社。 現在はフリーのビデオグラファーとして、 企業/個人を相手にプロモーションビデオや、 イベントのアフタームービーを制作。
松尾 由佑佐をフォローする
写真・映像について技術的な話
スポンサードリンク
松尾 由佑佐をフォローする
スポンサードリンク
カメラをぶん回せッ!

コメント